プログラミング言語「Java」とは何か

Javaとは何であるかということをこのページで説明します。

 

簡単に言うと・・・

Javaは、C言語に似た構文のオブジェクト指向プログラミング言語です。

人気のある言語で、Evernote,Minecraftなどの有名アプリもJavaで作られています。

プログラムのコードの拡張子は.javaです。実行ファイルの拡張子は.jarです。

似た名前のプログラミング言語にJavaScriptという言語がありますが、Javaとは別物です。

 

実行可能なプラットフォーム

Javaは仮想マシン上で動作しているので、PCならいろいろなOSで実行することができます。ただし、実行するPCにJavaの実行環境がインストールされている必要があります。最近のPCには、最初からJavaの実行環境がインストールされていることが多いです。

また、AndroidアプリはJavaに似た言語が使用されています。

サーバー側で実行することもできます。なので、webサービスも作ることができます。

 

特徴

実行環境がインストールされているPCなら、OSが違っても実行結果がほとんど同じになります。

このため、OSごとの実行結果の差を気にせずにプログラムを組むことができます。

さらに、いろいろなOS向けのアプリを作る場合の手間が大幅に省けます。

それだけでなく、いろいろなライブラリが最初から付属しており、GUIライブラリ,グラフィックライブラリなどが入っています。

他にも、使用しなくなってメモリの領域を自動で開放してくれる機能がついています。この機能をガベージコレクションといいます。

 

このように、手軽にプログラムを組むことができますが、大規模なプログラムを組むこともできます。

 

開発環境

Javaの公式サイトからダウンロードするいことができるJDKで開発することができます。

また、統合開発環境であるEclipseというアプリケーションもあります。このアプリ自体は英語ですが、Pleiadesという日本語化プラグインもあります。

この2つのアプリは、無料でダウンロードすることができます。

 

 

Hello World

これで、コンソール画面には、Hello Worldが表示され

最初にmain関数が実行されます。

System.out.println()は、コンソールに文字を表示する関数です。

 

変数

宣言

Javaでの変数の宣言は、「型名 変数名 = 値」というふうに書きます。

例えば、下のように宣言します。

この場合は、中身が10のint型変数aを宣言していることになります。

変数名に使用できる文字は、アルファベット,数字,アンダーバーです。

ただし、アンダーバーや数字から始めることができません。

int

32bitの整数を扱える型です。

数値は基本的にこの型が使われます。

byte

8bitの整数を扱える型です。

short

16bitの整数を扱える型です。

long

64bitの整数を扱える型です。

float

32bitの整数を扱える型です。

double

64bitの整数を扱える型です。

boolean

trueまたはfalseの値を保持できる型です。

char

文字を扱える型です。

1文字のみで、文字列を扱うことはできません。

 

コメント

//を書くと、//以降のその行に書いたテキストがコメントになります。

他にも、/**/で囲むことで間のテキストをコメントにできます。

 

制御文

Javaでの制御文は、条件が真だった場合のみ実行するif文,変数の値によって実行するプログラムを変更できるswitch文,ループ処理を行うことができるfor文,while文,例外処理ができるtry文などがあります。