ブラウザの履歴を残さなくする方法

ネットサーフィンをしていて、履歴を残したくないという時があります。

そんなときに使える、ブラウザの履歴を残さなくする方法を紹介します。

 

スマホ

 

Google Chrome

まず、右上の点が3つ縦にならんでいる部分をタップします。

そして、「新しいシークレット タブ」をタップします。

 

これで、履歴を残さず、ネットサーフィンをすることができます。

 

Opera mini

まず、画面の下の方に表示されている、四角の中に数字が書かれている部分をタップします。

次に、画面の上の方の「プライベート」という部分をタップします。

そして、画面下の「+」と表示されているボタンをタップします。

 

これで、履歴を残さず、ネットサーフィンをすることができます。

 

PC

 

Google Chrome,Opera

Ctrl+Shift+Nを押すと、履歴を残さず、ネットサーフィンをすることができます。

 

IE

ホーム画面下の「InPrivateブラウズを開始する」を押すと、履歴を残さず、ネットサーフィンをすることができます。

 

Firefox

まず、右上の線が3つ縦に重なっている部分をクリックします。

そして、「プライベートウィンドウ」をクリックします。

 

これで、履歴を残さず、ネットサーフィンをすることができます。

 

Microsoft Edge

まず、右上の線が3つ横に並んでいる部分をクリックします。

そして、「新しいInPrivateウィンドウ」をクリックします。

 

これで、履歴を残さず、ネットサーフィンをすることができます。

ブラクラ(ブラウザクラッシャー)の種類と対処法

インターネットを見ていると、たまにブラクラ(ブラウザクラッシャー)に遭遇することがあります。

そのブラクラの種類と対処法を解説します。

※ここで紹介しているものは実行しないでください

 

ブラクラとは

ブラクラとは、ブラウザに負荷をかけたりして、ブラウザやPCにダメージを与えるものをいいます。

バグを利用しているものもあります。

 

大量ウィンドウ発生タイプ

よく使われているものです。

有名なものでは、”You are an idiot”というものがあります。

ウィンドウが大量に開いたり、ウィンドウを閉じても、新しいウィンドウが開きます。

これは、JavaScriptのfor文で、ウィンドウを開く関数window.open()をループさせることで簡単に作ることができます。

対処法

JavaScriptをOFFにする

これでほとんどのブラクラを回避することができますが、代わりに、ページの機能の一部を使用できなくなるので、推奨できません。

ブラウザを強制終了する

Windowsの場合は、Ctrl+Shift+Delでタスクマネージャーを開き、開いているブラウザを右クリックし、タスクの終了をクリックすると強制終了することができます。

ポップアップをOFFにする

大抵のブラウザは、初期設定でOFFになっています。

この方法は、ポップアップではなく、ウィンドウを新しいタブで開くタイプだった場合は効果がありません。

 

無限アラート

アラートを無限に表示させて、ブラウザを操作できなくするものです。

対処法

JavaScriptをOFFにする

解説は前述。

ブラウザを強制終了する

解説は前述。

 

mailtoストーム

mailのリンクを大量に貼り付けることで、メール画面を大量に起動させるものです。

JavaScriptを使用していなくても作れるため、JavaScriptをOFFにしても効果がありません。

対処法

メールをアプリを既定にしない

既定のメールアプリを設定していないと、メール画面を開くたびにどのアプリで開くかを聞かれるので、連続で開くということはありません。

 

ウイルスダウンロード

PCにウイルスをダウンロードさせるものです。

 

精神的ブラクラ

グロや恐怖系の画像,動画を表示して、アクセスした人の精神にダメージを与えるものです。

“マインドクラッシャー”や略して”マイクラ”とも呼ばれています。

インターネットの歴史

インターネットには、何十年の歴史があります。

そのインターネットの歴史をまとめました。

 

インターネット以前

インターネットができる前から、通信技術というものはありました。

例えば、無線通信は1900年ごろにも使用されていました。

1920年ごろにはラジオ,1930年ごろにはテレビなどがありました。

 

World Wide Web以前

 

 

ARPANET

ARPANETは、米国防総省によって軍事目的(軍事目的以外でも利用されています)で開発された、パケット通信のネットワークです。

このARPANETは、1969年に構築されました。最初に送信された言葉は”LO”でした(これはLOGINと送ろうとして途中でクラッシュしたため)。

そして、このARPANETの規模はどんどん拡大し、1970年代の初め頃には、ノルウェーとの通信が始まり、1980年ごろには、日本との通信も開始されました。

ですが、この後に、どんどん規模が縮小し、1990年に、ARPANETは終了しました。

 

その他のネットワーク

ARPANET以外にも、NSFNET,CSNETなどがありました。

 

TCP/IP

1975年にTCP/IPでの通信が開始されました。

その後、TCP/IPの規模はどんどん拡大し、現在では、インターネットの標準規格になっています。

 

World Wide Web

1990年に、World Wide Web(WWW)が発表されました。

WWWの規模はどんどん拡大し、一般にも普及するようになりました。

 

ハイパーリンク

WWWには、ハイパーリンクという重要な要素があります。

ハイパーリンクは、データに他のデータに移動できる情報を埋め込み、クリックなどをすることで、そのデータに移動できる仕組みのことです。

 

ブラウザ

ブラウザも現在では、いろいろな種類があります。

1990年代は、IE(Internet Explorer)やNetscapeが主に使用されていましたが、現在では、Opera,Google chrome, Mozilla Firefox,Microsoft Edge,Safari,Yahooブラウザ,ドルフィンブラウザなどのブラウザがあります。

 

Flash

Flashは、主にWebで動作するプログラミング言語です。

現在は、ゲームなどでのみ利用されていますが、2000年ごろは動画の再生にも利用されていました。

2000年ごろに、2chなどで人気になりました。

ですが、現在はFlashを廃止する流れになっています。

 

 

JavaScript

JavaScriptというのは、ブラウザで動作するWeb用のプログラミング言語のことです。

2000年ごろは、JavaScriptよりCGI,Flashなどがよく使われていました。

ただし、2005年に発表されたGoogle mapsが、JavaScriptとAjaxを使用していたことなどから、注目され初めました。

そして、jQueryなどの、JavaScriptライブラリも大量に登場しました。

 

SNS

SNSとは、アカウントなどを作り、会話などができるサービスのことです。

インターネットはこれによって普及したわけでもあります。

2000年代前半には、GREE,Mixiなどが、2000年代後半以降には、ニコニコ動画,Youtube,Facebook,Instagram,Twitterなどが普及しました。

とくに、Twitter,Instagramは、有名人も使っていて、Youtubeからは、Youtubeを利用して生計を立てている”Youtuber”と呼ばれる人たちもいます。

 

まとめ

インターネットの歴史は以上です。

インターネットには、WWWだけでなくそれ以前からもありました。

これからも、インターネットはどんどん普及していくでしょう。

【深層web】インターネットの裏の部分

深層web(deep web)とは、検索エンジンに表示されないwebページのことです。

インビジブルwebともいいます。

 

表層と深層

インターネットは、表層webと深層webに分かれています。

表層webは、Google,Yahoo,Bing,Exciteなどの検索エンジンに表示されるwebページのことです。例えば、twitter,LINE,facebook,Instagram,2chなどです。

サーフェイスweb,ビシブルwebとも呼ばれます。

 

深層webも、ダークウェブではない深層webと、ダークウェブの2つに分かれています。

ダークウェブではない深層webは、データベースなどです。例えば、検索エンジンなどのプログラム,機密情報,論文などです。

ダークウェブは、Tor(The Onion Router)ブラウザのみでアクセスすることができます。普通のサイトもありますが、ウイルスサイト,残虐なサイトなどの比率が表層webより高くなっています。トップレベルドメインは.onionです。

 

深層webは、表層webの数百倍の規模であると言われています。

 

webページを検索エンジンに表示させないようにする方法は、「検索エンジンにインデックスさせない方法」という記事を参照してください。

 

サイト

 

Silk road

深層webのインターネットショップです。

おそらく、普通のものも売っていますが、違法なもの(ドラッグなど)も売っています。

お金の取引は、仮想通貨のビットコインのみが使用できます。

現在はSilk roadは摘発され閉鎖しましたが、その後Silk road2.0というサイトが立ち上げられました。ですが、そのサイトも摘発され閉鎖しました。

 

onionちゃんねる

深層webの2chのような掲示板サイトです。

このサイトにアクセスするのにもTorが必要です。

 

ゲーム

 

sad satan

深層webで発見された、制作者不明の一人称視点の探索型のゲームです。

Youtubeの「obscure horror corner」というチャンネルにこの動画が上げられましたが、途中で、更新が途絶えました。

バージョン
オリジナルバージョン

動画でプレイされているものです。リンクはまだ見つかっていません。

クローンバージョン

4chan(海外の掲示板サイト)に投稿された、ウイルス入りのバージョンです。

クリーンバージョン

ウイルスや一部の画像などを取り除いたバージョンです。

考察

チャンネルの宣伝目的で作られたという説や(投稿が途絶えているため違うと思われます。ただし、有名になりすぎて、投稿を中断したという可能性もあります。)、このゲームの影響でチャンネルの管理人が事件に巻き込まれたという説(これも、事件に巻き込まれたのなら、ニュースになているはずなので違うと思われます。)があります。

 

まとめ

このように、深層webやダークウェブは、危険なサイトがたくさんあります。

ただし、危険ではないサイトもあります。ですが、あまりインターネットに詳しくないのならアクセスはしないことをおすすめします。