うみんちゅのプログラミング部

HTMLとは何か?

カテゴリー/ HTML,パソコン関係 |投稿者/ dainabu

HTMLとは、HyperText Markup Languageの略で、ウェブページを作成の構造を指定するための言語です。

Hypertextというのは、ハイパーリンク(リンク)を埋め込むことができるテキストのことです。

ウェブページのほとんどにHTMLが使用されています。

ファイル拡張子は、.htmlです。

 

作成に必要なアプリ

HTMLの作成に必要なアプリは、テキストエディタのみです。

テキストエディタは、メモ帳でも構いません。

HTMLを書くためのエディタや、HTMLをコードではなく表示を確認しながら書けるエディタのあります。

自分でかいたHTMLを見るには、そのファイルのパスをブラウザのアドレスバーに入力するか、エクスプローラーからファイルをブラウザにドラッグします。

 

書き方

HTMLには、タグというものがあり、<タグ名>から</タグ名>の間がそのタグの中身になります。

<タグ名>のことを、開始タグといい、</タグ名>のことを終了タグといいます。

終了タグがないものもあります。

また、タグには、属性というものがあります。属性をつける場合は開始タグを<タグ名 属性名="値">と書きます。値でいろいろなものを指定します。

属性をつける場合も、終了タグの書き方は変わりません。

 

また、基本のコードは下の通りです。

1行目はDOCTYPE宣言といい、コードがHTML5というバージョンであることを示します。詳しくは、「【HTML】DOCTYPE html - 宣言」という記事を参照してください。

そして、DOCTYPE宣言以外の全体をhtmlタグで囲んでいます。そのhtmlタグはlang属性という言語を指定する属性で日本語を指定します。

headタグは、文書の情報を指定する部分です。

metaタグのcharset属性で文字コードを指定しています。

titleタグでタイトルを指定しています。

そして、bodyタグの中に本文(表示する部分)を書きます。

 

バージョン

HTML 4.0

HTML 4.0は、1997年に勧告されたHTMLです。

HTML5

HTML5は、2014年に勧告されたHTMLです。

記事のセクション分けや、動画や音声の埋め込みなどが簡単になり、要素の見直しが行われました。

 

同時に使用される言語

CSS

CSSは、見た目を指定するための言語(スタイルシート)です。

主にHTMLと組み合わせて使用します。

HTMLと同じく、ウェブページのほとんどにCSSが使用されています。

JavaScript

JavaScriptはウェブページを動的にするための言語です。

計算をしたり、特定の条件でCSSを変更したりすることができます。

主にHTMLと組み合わせて使用します。

また、HTMLやCSSと同じく、ウェブページのほとんどにJavaScriptが使用されています。

 

ウェブページのHTMLを見る方法

ページのHTML(ソースコード)を見るには、まず、右クリックをします。

そして、「ページのソースを表示」をクリックします。

これで、ページのHTMLが表示されます。

この方法以外にも、Ctrl+Uを押すことで表示できます。

 

HTMLメール

HTMLメールとは、HTML形式のメールのことです。

HTML形式ではない通常の文字列だけのメールのことは、テキストメールといいます。

 

主なタグ

title

titleタグは、タイトルを指定するためのタグです。

1つのページに1つのタイトルを指定することができます。

headタグの中に書きます。

このタグは、検索順位にとても影響するタグです。

p

pタグは、Paragraph段落を示すタグです。

段落ではなく改行を表したいときは、後述のbrタグを使用します。

br

brタグはBReakの略で、改行するためのタグです。

終了タグは必要ありません。

a

aタグはAnchorの略で、他のページにリンクを貼るためのタグです。

href属性でリンク先のURLを指定します。

strong

strongタグは、文字列を強調するためのタグです。

img

imgタグは、画像を挿入するためのタグです。

src属性で画像のURLを指定します。

h1-h6

このタグは、見出しのタグです。

1-6の数字が小さくなるほど大きな見出しになります。

<< 前の記事へ
」 
 次の記事へ >>
Top