うみんちゅのプログラミング部

CSSとは何か?

カテゴリー/ CSS,パソコン関係 |投稿者/ dainabu

CSSとは、Cascading Style Sheetsの略で、ウェブページの見た目(文字サイズ,色,表示位置など)を指定するための言語です。

ウェブページの見た目を指定する言語は、CSS以外にもありますが、ほとんどのページでCSSが使用されています。

インターネット上に公開されているウェブページには、ほぼ全てのページにCSSが使用されています。

拡張子は.cssです。

 

CSSと同時に使用する言語

ウェブページの構造を指定するにはHTMLを使用します。HTMLで構造を指定してCSSで見た目を指定します。HTML4では見た目を指定するタグがありましたが、HTML5では、見た目を指定するタグは廃止されました。

ウェブページに動きをつけたい場合は、JavaScriptを使用します。

 

記述する場所

HTMLファイルの中にCSSを記述する場合は、styleタグで囲みます。

外部ファイルの中に記述する場合は、HTMLのlinkタグでURLを指定して埋め込みます。

 

バージョン

バージョンは、CSS1,CSS2,CSS3があります。

CSS3が最新のバージョンです。

また、CSS4という新しいバージョンが現在策定されている途中です。

 

書き方

CSSは、以下のように記述します。

 

主なプロパティ

background 背景の色
color 文字の色
width 要素の幅
height 要素の高さ
padding パディング
border 境界線
margin マージン
font-size 文字のサイズ
font-weight 文字の太さ
float 要素を浮かせて寄せる

 

値の指定方法

背景

色の名前もしくは#16進数の色コードで指定します。

長さ,大きさ,太さ

以下の単位で指定します。

px ピクセル数
% 基準をもとにしたパーセント
em 基準をもとにした割合
rem 割合
 次の記事へ >>
Top