Google検索を使いこなすテクニック

Google検索には、さまざまなテクニックがあります。

このページでは、Google検索を使いこなすテクニックを紹介します。

 

AND検索

AND検索は最も使用されている検索テクニックです。

単語と単語の間のスペースを開けることで、両方の単語を含むページを検索します。

例えば、”Google”と”検索”の両方が入ったページを検索したい場合は、「Google 検索」と検索します。

単語と単語の間にANDを入れても使用できますが、結果はスペースを開けた時となぜか異なります。

 

OR検索

単語と単語の間に OR または|を入れることで2つの単語のどちらかを含むページを検索します。

例えば、”Google”と”Yahoo”のどちらかが入ったページを検索したい場合は、「Google OR Yahoo」と検索します。

 

NOT検索(-検索, マイナス検索)

単語の前に-を入れるとその単語を含むページを検索結果から除外します。

例えば、”検索”を含んでいて”Google”を含まないページを検索するには、「検索 -Google」と検索します。

 

引用符

検索する単語を引用符(“”)で囲むとその単語と全く同じ文字列を含むページを検索します。

例えば、”Google 検索”という単語を全く同じで含んだページを検索したいときは「”Google 検索”」と検索します。

 

ワイルドカード検索

文章や単語のわからない部分は*にすることで検索できます。

 

site:

「site:ドメイン名」で、指定したドメイン名のページのみを検索します。

例えば、Youtubeのページを検索したいときは、「site:youtube.com」と検索します。

サブドメインやディレクトリ,トップレベルドメインでも検索できます。

 

cache:

「cache:ページのURL」で、指定したページのURLのキャッシュされたページを見ることができます。

例えば、facebook(facebook.com)のキャッシュを見たいのならば、「cache:facebook.com」と検索します。

 

info:

「info:ページのURL」で、そのページの情報を検索します。

例えば、Google(google.com)の情報を見たいのならば、「info:google.com」と検索します。

 

related:

「related:URL」で、指定したURLと似たページを検索します。

例えば、Wikipedia(wikipeia.org)に似たページを検索したいなら、「related:wikipedia.org」と検索します。

 

intitle:

「intitle:単語」で、指定した単語がタイトルに含まれているページを検索します。

例えば、タイトルに”Yahoo”が含まれているページを検索したいなら、「intitle:Yahoo」と検索します

 

inurl:

「inurl:単語」で、指定した単語がURLに含まれているページを検索します。

例えば、URLに”twitter”が含まれているページを検索したいなら、「inurl:twitter」と検索します。

 

filetype:

「filetype:ファイル形式」で、指定したフォーマットのファイルのみを検索します。

例えば、.jpg(JPEG画像)のみを検索するなら、「filetype:jpg」と検索します。

ただし、同じJPEG画像でも、拡張子が違う.jpegは検索に表示されません。

 

define:

「define:単語」で、指定した単語の意味を調べることができます。

この機能は日本語版では使用できません。

 

計算

「計算機」または「電卓」と検索すると、電卓を使うことができます。

計算式で検索しても計算結果を表示します。

関数や定数を使用した計算もできます。

 

単位換算

「単位換算」と検索すると、単位換算ができます。

「1○○は何○○」と検索すると、1○○が何○○かを表示します。

 

翻訳

「翻訳」と検索すると、翻訳をすることができます。

英単語で検索すると、その単語の翻訳が表示されます

 

天気予報

「天気」と検索すると、現在地の天気予報を表示します。

「場所 天気」と検索すると、その場所の天気予報を表示します。

 

メトロノーム

「メトロノーム」と検索すると、メトロノームを使えます。

メトロノームは、BPMを設定できます。

 

追跡番号

追跡番号で検索すると、その追跡番号の荷物の状況が分かります。

 

株価

「企業名 株価」で、その企業の株価を表示します。

【LINE】アカウントを引き継ぎするために必要なこと

LINEのアカウントを引き継ぎするときに必要な認証を紹介します。
スマホ壊れた時のために、認証を今すぐにでもしておいたほうが良いです(この前、これをし忘れていたのでLINEのデータが全て飛びました)。
※ここで紹介している方法はandroid版LINE6.9.4の方法です。iOSやWindowsでは異なる場合があります。

 

メールアドレスとパスワード

まずLINEを開いて、一番右の・・・の部分をタップしてください。
そして歯車マークをタップしてください。
次にアカウントをタップして、メールアドレス登録をタップしてください。
そしてメールアドレスとパスワードを入力します。
すると、入力したメールアドレスに4桁の認証番号が送られてくるのでその認証番号を入力してください。

 

facebook連携

前述のメールアドレスとパスワードと同様に、・・・=> 歯車=>アカウントの順で進んでください。
そして、facebookの「連携する」と書かれている部分をタップします。
そうすると、「facebookアカウントにログインしてください」と出るのでメールアドレスまたは携帯番号とfacebookのパスワードを入力してください。

 

アカウント引き継ぎ設定

最後にこのアカウント引き継ぎ設定をONにする必要があります。
・・・=>歯車をタップし、アカウント引き継ぎ設定をタップします。
そしてアカウントを引き継ぐのバーの部分をタップしてください、ここをタップしてから24時間だけ引き継ぎができます。

 

最後に

この認証はアカウントを引き継ぐのに必ず必要なのでスマホが壊れた時のために絶対に絶対にしておいてください。
これを忘れるともしかすると10000円分のスタンプのデータや何年もかけたゲーム(LINEと連動しているゲーム)のデータが消えてしまうかもしれません。
もしも問題が発生して、調べてもわからない時はLINEのお問合せフォームでLINEに報告してください。

youtubeで特定のチャンネルの動画を連続再生

youtubeの動画を見ていて、その人の動画を連続で再生したいときに方法を解説します。
この方法を使うと動画一覧からわざわざ毎回クリックしなくて済みます。

 

方法1

そのチャンネルのトップページにアップロード動画という文字の横にマウスオーバーで表示される全て再生とかかれた部分をクリックすると再生リストとして新しい動画から古い動画が順番に再生されます。

 

方法2

もしもアップロード動画という文字がなかったら再生リストのURLを直接入力すると連続再生ができます。

URLの探し方は例えばyoutube.com/channel/UCabcdefghijklだったら再生リストのURLはyoutube.com/playlist?list=UUabcdefghijklになります。
このURLはchannel/をplaylist?list=に置き換え、チャンネルのID(UC○○○○)の最初の2文字(どのチャンネルもUCから始まる)をUUに置き換えるとそのチャンネルの動画の再生リストにアクセスできます。

LINEの通知自動送信の恐怖

なんとLINEを使おうとしてスーちゃんのスマホで事件が発生!!

LINEをインストールし、電話番号を入力、そして認証番号を入れると・・・・・・・
なんと電話帳に登録している人全員のLINEに登録したという通知を自動で送ってしまった・・・・・(本人曰く拡散)

LINEを入れているスマホがネット専用の格安+ガラケーの電話番号で登録したので、通知を入れるかの設定ができず、自動で通知を送信してしまったらしい・・・

即2件ほどLINEが…

スーちゃんびっくり!!!

でもそんなに心配するほどの事でもないのにスーちゃんがものすごい心配をしている・・・・

その後即アンインストール、そして今は訂正のメールを送っている・・・・

まさか自動で送信されるとは…恐ろしい…

気を付けるように心がけましょう!!